トップページ > トピックス「知ってる?温泉ミニ知識」 > 温泉ってなに?

トピックス

温泉ってなに?

どういったものを温泉と呼ぶのですか。
冷たい水でも「温泉」と呼ばれることがある。
という話をきいたことがあるのですが。

温泉は「温泉法」という法律で定義されており、
地中から湧出する温水、鉱水および水蒸気その他ガスであって
●源泉から採取されたときの温度が25℃以上 または、
●19種類の物質うち1つ以上を一定量以上有すもの

をすべて「温泉」と呼びます。

したがって、25℃以下でも、例えば炭酸ガスが一定量以上含まれている地下水は「温泉」と呼ばれることになります。もちろん、湧出した時の温度が25℃以上であれば文句なしに温泉とよばれることになります。この定義とは別に、環境省が定めた「鉱泉分析法指針」に“療養泉”(病気の治療目的として効果に期待できる温泉)の規定があり、療養泉に当てはまる温泉には泉質名が与えられます。

温泉法における「温泉」の定義

  1. 温度 摂氏25度以上(温泉原から採取される時の温度とする。)
  2. 物質 (以下にあげるもののうち、いずれかを一つ含む。)
溶存物質総量
(ガス性のものを除く)
1,000mg以上
フッ素イオン2mg以上
遊離炭酸250mg以上 ヒドロひ酸イオン1.3mg以上
リチウムイオン1mg以上 メタ亜ひ酸1mg以上
ストロンチウムイオン10mg以上 総硫黄1mg以上
バリウムイオン5mg以上 メタほう酸5mg以上
フェロ又はフェリイオン10mg以上 メタけい酸50mg以上
第1マンガンイオン10mg以上 重炭酸ソーダ340mg以上
水素イオン1mg以上 ラドン20×10-10Ci以上
臭素イオン5mg以上 ラジウム塩1億分の1mg以上
ヨウ素イオン1mg以上    

 (1キログラム中の含有量)

ページトップへ戻る