トップページ > トピックス「知ってる?温泉ミニ知識」 > 入浴の心得

トピックス

入浴の心得

温泉に入浴する場合の一般的な注意事項を説明いたします。入浴をより正しく楽しむために、入浴前によく読んでおきましょう。

正しい温泉の入浴方法

入浴中は安静に
入浴中は安静を守りましょう。(運動浴をする場合を除く。)
初めは3~10分
入浴時間は、はじめは3~10分程度とし、慣れてきたら延長していきましょう。
入浴後は洗い流さない
出るときは、体についた温泉成分を洗い流さないようにしましょう。
(逆に湯ただれを起こす人は真水などで洗い流します。)
熱い温泉に急に入らない
熱い温泉に急に入るとめまい等を起こすことがあるので十分注意しましょう。
食前・食後の入浴は避ける
食事の直前・直後の入浴は避けましょう。特に飲酒しての入浴は危険です。
入浴後は安静に
入浴後は湯冷めしないよう注意し、しばらく安静を保ちましょう。
高齢者や体の弱い方は介添えを
高齢者や体の弱い方は1人で入浴することは避けましょう。
心臓病・高血圧症・動脈硬化症の方は熱い温泉に入らない
心臓病、高血圧症、高度の動脈硬化症の方は熱いお湯(42℃以上)に入らないようにしましょう。

ページトップへ戻る